高校生向け起業体験プログラム

スタートアップ・ユースキャンプ ワークショップ

スタートアップユースキャンプ

スタートアップ・ユースキャンプ ワークショップ

活動レポート

TEENS meetup 2022.07.11

【開催レポート】TEENS meetup -未来のスタートアップ- (後編)


2022年7月2日、ナゴヤイノベーターズガレージにて「スタートアップ・ユースキャンプ」の事業説明会を兼ねた講演会イベント「TEENS meetup -未来のスタートアップ-」を開催しました。後編では、事業説明会の様子をお届けします。事業説明会では、本事業の事務局をつとめるミテモ株式会社取締役の飯田一弘と、昨年度の参加者高校生2人が、「スタートアップ・ユースキャンプ」の魅力を語りつくしました。


イベント全体の様子は、こちらからご覧ください。(事業説明会の模様は2時間7分から)



最初に話をしてくれたのは、現在名城大学都市情報学部1年生の井上創太さん。井上さんは高校3年生の
時にスタートアップ・ユースキャンプに参加。「なんか面白そうだな」というのが、参加したきっかけだそうです。


本プログラムでは、モーニングコールのサービスを行いながら、LINEスタンプやトートバックなど、グッズの販売で収益を挙げました。スタートアップ・ユースキャンプの参加で学んだことは、「やってみる大切さ」で、様々な挑戦と失敗があった濃密な夏休みだったと語りました。「そもそも申込しなければ、やってみる体験すらできない。ぜひ参加してやってみる大切さを学んでほしい」とメッセージを送りました。

井上創太さん(現在大学1年生)

高校1年生でスタートアップ・ユースキャンプに参加した茂森さんは、プログラムを通して出会った仲間と共に今年5月に起業しました。スタートアップ・ユースキャンプの魅力について、「実際にお金を動かしてビジネスを体験することはここでしかできないんじゃないか」と感じたと話します。

茂森小想さん

ミテモ飯田:お二人は、起業に関して、どんなイメージを持っていましたか?

茂森:私は、社長っていうキーワードにすごい憧れを抱いていて、なんか職業・社長ってかっこいいじゃないですか。小さい頃からなんとなく職業選択の一つとして、経営者っていうのがありました。
あとは父親が経営者をしていることもあるので、起業に対してのハードルは高くは感じなかったです。

井上:僕は起業によって、ちょっと興味があるぐらいで、別に自分でしようと思わなかったんですけど、誰かが起業しようと頑張ってたりとか、イベントを作っているとか、だれかが頑張ろうとしている人を支えるっていうのが好きだったので。そういう意味で、起業を自分でするかというよりかは、誰かが起業するのを手伝いたいみたいな、という感じはあったなと思ってます。


ミテモ飯田:去年の参加者の様子をみていると、起業に全く興味ない人もいっぱいいます。実は全く起業とか興味も関心もなくて、「夏休みの思い出を作りに行きました」「コロナで暇すぎて」という参加者も普通にいますし、そこから活躍してたりします。たとえば、茂森さんと今回一緒に起業した方は、「夏休みの思い出づくりできました」っておっしゃってたけど、会社作っちゃったので、「あれ、人生変わったね」という話をしてしてます(笑)。「人生が変わる」っていうのは、思いもよらない角度で出会っちゃうみたいなこともあるし、今は起業について知らなくても来てほしいなと思っています。

井上:本当に思い出作りみたいな人が、チームをすごい引っ張ってたりとか。本人は、そういう自分の能力に気づいてなかったりとかすると思うんですよね、本当に、自分出来ないかもって思っても、そもそもやらないと気づかないのかな、という風に、ユースキャンプに参加している中でとらえられるようになったのかなと。


会場からの質問:活動にはどれくらい時間が必要でしたか?


茂森:実際、めちゃくちゃ忙しかったです。プレゼンの前日とか夜遅くまで練習をしたりとか。でも本当にこういう経験ってなかなかできないし、「社会に出てなんか成功する人はきっとこういう経験を何回もしてるんだろうな」っていうのをみんなで考えながら乗り越えました。

井上:商品作ったりとかしてたので、「デザインどうする?」とかっていうので、すごい時間は取られてたんですけど。そこもやっぱ役割分担をしたりしました。みんな部活があったり、塾があったりとかで「この時間は無理だけど、この時間ならいける」とか話をして、今はこのメンバーでやろうかとか。ユースキャンプの期間が短いので、だからこそちゃんと役割分担をしてできたのかなって思いますし、やっぱそういうのが大切なのかなと思っていたりします。最終的に自分で決めてほしいんですけど、夏休みですけど、部活があるからとかであきらめないで、「挑戦してみたい」っていう気持ちがあるなら出来る限りはやってほしいなあという風に思います。

ご登壇してくれたお二人ありがとうございました。今後も応援しています。

2年目となるスタートアップ・ユースキャンプが今年もまもなくスタートする。

エントリーは、こちらから。応募締切は、7月12日(火)皆様の応募お待ちしております。 

Copyright© NAGOYA STARTUP YOUTHCAMP All Rights Reserved.